メニューを開く 検索を開く ログイン

リハロボットは超高齢社会を救うか

 2020年09月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 藤田医科大学学長でリハビリテーション医学Ⅰ講座教授の才藤栄一氏は、第57回日本リハビリテーション医学会(8月19〜22日、ウェブ併催)でリハビリテーションロボット(以下、リハロボット)の開発について講演。学会長の島田洋一氏を「若いころから開発を競い合い、助け合ってきたライバル」と評する才藤氏は、超高齢社会では、ロボットや支援機器の導入を前提にした居住環境の整備が必要になると展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  リハロボットは超高齢社会を救うか

error in template: found but mtif was expected