メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

アテゾリズマブが乳がん術前療法で奏効

早期TNBC術前療法での上乗せでpCR率を改善:第Ⅲ相IMpassion031

2020年09月30日 15:12

4名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2019年)9月に乳がんに対する初の免疫チェックポイント阻害薬として、抗PD-L1抗体アテゾリズマブがPD-L1陽性の手術不能・再発トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を適応として国内承認された(関連記事「乳がんの第Ⅲ相試験で初! 免疫治療が奏効」)。今後、より早期の乳がん治療において免疫療法がどのように導入されるかが注目されている。ドイツ・LMU University hospitalのNadia Harbeck氏は、早期(Ⅰ~Ⅲ期)TNBCにおける術前療法として、化学療法に対するアテゾリズマブの上乗せ効果を検証した二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験IMpassion031の中間解析の結果から、病理学的完全奏効(pCR)率が有意に改善したことを欧州臨床腫瘍学会(ESMO Virtual Congress 2020、9月16~21日、ウェブ開催)で報告した。同試験の詳細はLancet2020年9月18日付オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  アテゾリズマブが乳がん術前療法で奏効