メニューを開く 検索を開く ログイン

心筋梗塞後の性行為、早期再開で予後向上か

 2020年09月30日 16:58
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 性行為と心筋梗塞(MI)の関係についてはさまざまな研究結果が報告されているが、MI発症後に性行為の再開を躊躇する患者は少なくない。こうした中、MI後早期の性行為再開が長期予後の向上に関連していたとする研究結果が明らかになった。MI発症から3~6カ月後の性行為の頻度が発症前より増加または変化しなかった群では、頻度が減少した群と比べて全死亡リスクが35%低いことが示された。イスラエル・Tel Aviv UniversityのYariv Gerber氏らがEur J Prev Cardiol(2020年9月22日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  心筋梗塞後の性行為、早期再開で予後向上か

error in template: found but mtif was expected