メニューを開く 検索を開く ログイン

ピロリ除菌後のフォローはいつまで必要?

 2020年10月01日 05:30
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

 Helicobacter pyloriH. pylori)除菌治療は胃がんのリスクを低下させるが、除菌後長期にわたるリスクの変化については明らかにされていない。倉敷中央病院(岡山県)副院長の水野元夫氏らは、除菌後10年以上経過した症例の胃がんリスクについて検討。第106回日本消化器病学会(8月11~31日、ウェブ開催)で、「除菌後の胃がんリスクは除菌時の胃粘膜萎縮が高度な症例で最も高いが、除菌後10年以上を経過すると胃粘膜萎縮が軽〜中等度の症例でも未分化型胃がんのリスクが上昇する」と述べた。詳細はJ Gastroenterol2020; 55: 281-288)に報告されている。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ピロリ除菌後のフォローはいつまで必要?