メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

未治療進行胃がんの免疫療法

ニボルマブ+化学療法でOS延長:第Ⅲ相試験CheckMate-649

2020年10月01日 05:20

2名の医師が参考になったと回答 

 HER2陰性で局所進行/転移性の胃/胃食道接合部がんに対する一次治療では、標準化学療法のみでは全生存期間(OS)が不良であることがこれまでの臨床研究から示されている。非盲検の第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate-649では、HER2陽性以外で未治療の局所進行/転移性胃/胃食道接合部がん・食道腺がん患者を対象に化学療法単独、化学療法+抗PD-1抗体ニボルマブ併用、化学療法+ニボルマブ+抗CTLA-4抗体イピリムマブ併用の3群を比較。欧州臨床腫瘍学会(ESMO Virtual Congress 2020、9月19~21日、ウェブ開催)では、PD-L1陽性例〔Combined Positive スコア(CPS)5以上〕において化学療法+ニボルマブ併用は化学療法単独と比べてOSを有意に延長したことをドイツ・Johannes-Gutenberg University ClinicのMarkus Moehler氏らが報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  未治療進行胃がんの免疫療法