メニューを開く 検索を開く ログイン

遠隔診療なのに患者が"目の前"に?

新開発の三次元遠隔診療システムが有用性示す

 2020年10月02日 05:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 昨今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、通院に伴う感染リスクを低減する必要性が急速に高まっており、対策の1つとして遠隔診療が注目されている。しかし、ビデオ通話機能を用いた二次元のオンライン診療では、医師がパーキンソン病(PD)患者の運動症状を詳細に把握しにくいなどの課題があった。順天堂大学大学院神経学教授の服部信孝氏らは、世界初となる三次元オンライン診療システムHolomedicine(ホロメディスン)を開発。対面診療に活用できるとの研究成果をMov Disord2020年9月14日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  遠隔診療なのに患者が"目の前"に?

error in template: found but mtif was expected