メニューを開く 検索 ログイン

遠隔診療なのに患者が"目の前"に?

新開発の三次元遠隔診療システムが有用性示す

2020年10月02日 05:10

3名の医師が参考になったと回答 

 昨今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、通院に伴う感染リスクを低減する必要性が急速に高まっており、対策の1つとして遠隔診療が注目されている。しかし、ビデオ通話機能を用いた二次元のオンライン診療では、医師がパーキンソン病(PD)患者の運動症状を詳細に把握しにくいなどの課題があった。順天堂大学大学院神経学教授の服部信孝氏らは、世界初となる三次元オンライン診療システムHolomedicine(ホロメディスン)を開発。対面診療に活用できるとの研究成果をMov Disord2020年9月14日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  遠隔診療なのに患者が"目の前"に?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531801 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外