メニューを開く 検索を開く ログイン

喘息アプリを活用した診療を志向

 2020年10月02日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 第1回日本喘息学会(8月8〜9日)でワークショップ「喘息診療ガイドライン再考」が行われた。冒頭、座長を務める日本喘息学会理事長の東田有智氏は「現在の日本アレルギー学会の『喘息予防・管理ガイドライン2018』(以下、GL)は素晴らしい内容だが詳細過ぎる。実地医家の先生が簡便に使えるものをつくるべきではないか」と問題提起した。リモートで講演した慶應義塾大学呼吸器内科教授の福永興壱氏は、喘息の診断と重症度評価について考察。「受診時にしか介入できない」という外来診療の限界は今後の喘息診療の大きな課題で、その打開にはセルフモニタリングアプリの活用が有望ではないか。次回ガイドラインは、こうしたアプリ活用を組み込んだ内容を目指すべきだ、との方向性を示した。

第1回日本喘息学会ワークショップ「喘息診療ガイドライン再考」記事一覧

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  喘息アプリを活用した診療を志向