メニューを開く 検索を開く ログイン

赤外線レーザー治療が外傷性脳損傷に有効

 2020年10月02日 17:33
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Massachusetts General HospitalのMaria G.F. Longo氏らは、外傷性脳損傷(TBI)患者68例を対象に経頭蓋低出力近赤外線レーザー照射療法(LLLT)の有効性と安全性を検討する単施設の二重盲検プラセボ対照並行群間ランダム化比較試験(RCT)を実施。有害事象の発現はなく、脳で測定可能な治療効果が認められたとJAMA Netw Open2020; 3: e2017337)に発表した。TBIに対するLLLTによる有効性について、さらに大規模なRCTの実施が期待されるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  赤外線レーザー治療が外傷性脳損傷に有効

error in template: found but mtif was expected