メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ニボルマブが食道がん術後療法でDFS改善

Oncology Tribune

ニボルマブが食道がん術後療法でDFS改善

第Ⅲ相試験CheckMate-577

2020年10月02日 19:42

5名の医師が参考になったと回答 

 術前化学放射線療法を施行したⅡ~Ⅲ期の切除済み食道がん/胃食道接合部がん患者に対する術後療法として、抗PD-1抗体ニボルマブの有効性と安全性をプラセボを対照に検証した国際共同二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate-577。米・Baylor UniversityのRonan J. Kelly氏は、ニボルマブの投与により無病生存期間(DFS)が有意に延長したと欧州臨床腫瘍学会(ESMO Virtual Congress 2020、9月16~21日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ニボルマブが食道がん術後療法でDFS改善