メニューを開く 検索 ログイン

コロナ後、4人に1人が「腰痛を発症、悪化」

日本人1,166人対象のアンケート結果

2020年10月04日 07:00

5名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による生活の変化は、多くの人の生活様式や健康に影響を与えている。株式会社ヒュプノスは、ジョブマッチングサイトの日本人利用者1,166人にアンケートを実施した結果、COVID-19流行後、約4人に1人が腰痛の発症または悪化を訴えていることなどが明らかになったと発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  コロナ後、4人に1人が「腰痛を発症、悪化」

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531958 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外