メニューを開く 検索を開く ログイン

乾癬への生物学的製剤で冠動脈プラーク縮小

 2020年10月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 乾癬患者では、慢性炎症によって引き起こされる冠動脈ハイリスクプラークの有病率と心血管イベントのリスクが高くなっていることが報告されている。また、乾癬の治療薬である生物学的製剤は炎症に関わるサイトカインを抑制するが、冠動脈ハイリスクプラークへの影響については不明である。米・National Institutes of HealthのHarry Choi氏らは前向き観察研究により、生物学的製剤で治療を受けている乾癬患者では、冠動脈プラークの縮小が認められ、将来の心血管イベントのリスクが低下する可能性が示唆されたと、Circ Cardiovasc Imaging2020; 13: e011199)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  乾癬への生物学的製剤で冠動脈プラーク縮小

error in template: found but mtif was expected