メニューを開く 検索を開く ログイン

早期洞調律維持でAFの心血管リスク低下

11カ国135施設のRCTで検討

 2020年10月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 心房細動(AF)の診断から1年以内の心血管疾患の患者において、早期リズムコントロール(洞調律維持)療法は通常のレートコントロール(心拍数調節)に比べて心血管転帰のリスクを有意に低下させることが示された。ドイツ・University Medical Center Hamburg-EppendorfのPaulus Kirchhof氏らが、AF患者2,789例を対象に行った国際並行群間ランダム化比較試験(RCT)EAST-AFNET 4の結果をN Engl J Med2020; 383: 1305-1316)に発表した。なお、同試験は第3回中間解析(追跡期間中央値5.1年)で有効性が確認されたため早期終了となった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  早期洞調律維持でAFの心血管リスク低下

error in template: found but mtif was expected