メニューを開く 検索を開く ログイン

食事療法のコンセンサスレポート作成へ

 2020年10月06日 11:50
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本抗加齢医学会では、科学的根拠に基づいた抗加齢医学を発展させることを目的として、2020年に「食事・カロリー制限」「運動・エクササイズ」「サプリメント・機能性表示食品」「性ホルモン」の4分野についてステートメント作成に向けたワーキンググループ(WG)を立ち上げた。第20回同医学会(9月25~27日、ウェブ併催)では、各WGが活動状況を報告。食事分野については、兵庫医科大学総合診療内科学主任教授の新村健氏が発表。まずはエビデンスを整理し、2021年の同医学会に向けてコンセンサスレポートを作成する方針であると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  食事療法のコンセンサスレポート作成へ