メニューを開く 検索を開く ログイン

包括的心リハが心不全患者の予後を改善

国内15施設の大規模後ろ向き研究

 2020年10月06日 18:20
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 運動療法などを多職種で包括的に行う心臓リハビリテーション(CR)は、心不全(HF)入院患者の退院後の全死亡およびHFによる再入院のリスクを有意に低下させることが示された。北里大学の神谷健太郎氏らが、国内15施設のHF入院患者4,339例を後ろ向きに5年間追跡するという大規模研究の結果をCirc Heart Fail2020年9月28日オンライン版)に発表した。(関連記事「心リハは高齢フレイル、HFpEFにも有効」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  包括的心リハが心不全患者の予後を改善

error in template: found but mtif was expected