メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

世界初&日本発、リキッドバイオプシーによる治験登録加速化を証明

 2020年10月06日 10:51
プッシュ通知を受取る

 国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏、同院トランスレーショナルリサーチ支援室・消化管内科医員の中村能章氏らは、消化器がん臨床試験のスクリーニングにとしてリキッドバイオプシーを取り入れた結果、従来の腫瘍組織検査に比べより迅速に検査結果が返却され、より多くの症例を登録することができたことを世界で初めて示した。本研究成果はNat Med2020年10月5日オンライン版)に掲載された。

■日本医療研究開発機構(AMED)のプレスリリースはこちら

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  世界初&日本発、リキッドバイオプシーによる治験登録加速化を証明

error in template: found but mtif was expected