メニューを開く 検索を開く ログイン

誤嚥性肺炎を予防する患者ポジショニング

 2020年10月07日 11:39
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 練馬光が丘病院(東京都)総合診療科の松本朋弘氏は第11回日本プライマリ・ケア連合学会(2020年7月23日~8月31日、ウェブ開催)で、誤嚥性肺炎を起こしにくい食事介助と嚥下機能評価について解説した。誤嚥を起こしにくい食事介助のポイントとして患者ポジショニングの重要性を説明した上で、嚥下評価手法の特徴を詳述。同氏は「最適なポジショニングなどによる食べられる環境づくりの工夫をせずに安易に嚥下評価を行うのは、患者が本来の能力を出せないでいる患者について食べられないと誤った判断をするリスク増やすだけだ」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  誤嚥性肺炎を予防する患者ポジショニング

error in template: found but mtif was expected