メニューを開く 検索を開く ログイン

眼鏡で新型コロナ感染を抑制!?

中国・コホート研究

 2020年10月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界に拡大する過程で、飛沫・接触感染に加え眼の粘膜を介した感染経路が指摘されている。中国では近視の割合が高く、眼鏡の装用は一般的だが、昨年(2019年)12月に武漢市でCOVID-19が発生以降も眼鏡を着用したCOVID-19入院患者はほとんどいないという。同国Second Affiliated Hospital of Nanchang UniversityのYiping Wei氏らは、眼鏡装用とCOVID-19の関連性をコホート研究で検討。一般集団に比べ眼鏡を着用した人は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染への感受性が低い可能性があるとの結果をJAMA Ophthalmol2020年9月16日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »   »  眼鏡で新型コロナ感染を抑制!?

error in template: found but mtif was expected