メニューを開く 検索を開く ログイン

赤血球分布幅高値がコロナ死と関連か

米国・1,600例超のコホート研究

 2020年10月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米国・Harvard Medical SchoolのBrody H. Foy氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の入院患者を対象にコホート研究を実施。その結果、赤血球分布幅(RDW)高値と死亡リスクに有意な関連が認められ、RDW値の測定がCOVID-19患者のリスク層別化に有用である可能性が示されたと、JAMA Netw Open2020; 3: e2022058)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  赤血球分布幅高値がコロナ死と関連か

error in template: found but mtif was expected