メニューを開く 検索 ログイン

シガテラ魚中毒の神経症状にプレガバリン有効

2020年10月08日 17:34

13名の医師が参考になったと回答 

 シガテラは熱帯・亜熱帯に生息する魚による食中毒の総称で、日本では年間10数件の報告がある。400種以上の魚が毒化する可能性があるとの報告もあり、国内でシガテラの原因となる魚種は主にフエダイ、ハタ、イシガキダイ、ヒラマサなどで、沖縄県で多く発生している。国立病院機構相模原病院救急科医長の服部潤氏は、シガテラによる慢性期の神経症状にプレガバリンが効果を示した症例について、第42回日本中毒学会(9月7〜20日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  シガテラ魚中毒の神経症状にプレガバリン有効