メニューを開く 検索 ログイン

痒み止め外皮用薬の誤食で重症化

2020年10月09日 05:00

18名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 痒み止め成分配合外皮用薬の一般用医薬品(以下、痒み止め外皮用薬)を認知機能が低下した高齢者が誤食するケースがある。大阪大学病院高度救命救急センターの戸上由貴氏は、痒み止め外皮用薬を誤食し入院治療を要した高齢者についての検討結果を第42回日本中毒学会(9月7〜20日、ウェブ開催)で報告。「高齢者の痒み止め成分入り外皮用薬の誤食では、意識障害、痙攣、呼吸抑制を呈するなど重症化することがあり、心停止例もあった。誤食がありうることを認識する必要がある」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  痒み止め外皮用薬の誤食で重症化