メニューを開く 検索を開く ログイン

痒み止め外皮用薬の誤食で重症化

 2020年10月09日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 痒み止め成分配合外皮用薬の一般用医薬品(以下、痒み止め外皮用薬)を認知機能が低下した高齢者が誤食するケースがある。大阪大学病院高度救命救急センターの戸上由貴氏は、痒み止め外皮用薬を誤食し入院治療を要した高齢者についての検討結果を第42回日本中毒学会(9月7〜20日、ウェブ開催)で報告。「高齢者の痒み止め成分入り外皮用薬の誤食では、意識障害、痙攣、呼吸抑制を呈するなど重症化することがあり、心停止例もあった。誤食がありうることを認識する必要がある」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  痒み止め外皮用薬の誤食で重症化

error in template: found but mtif was expected