メニューを開く 検索 ログイン

視神経脊髄炎の再発予防薬の選択肢が拡大

2剤目の抗体医薬サトラリズマブが発売

2020年10月09日 05:05

5名の医師が参考になったと回答 

 自己免疫疾患の1つで、主に脳や脊髄、視神経に炎症が起こる視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)。今年(2020年)8月26日にNMOSDに対する抗体医薬サトラリズマブ(商品名エンスプリング)が発売された。福島県立医科大学多発性硬化症治療学講座教授の藤原一男氏は、9月14日に開かれた発売記念説明会(主催:中外製薬)で講演し、「再発抑制効果や安全面で優れており、4週間隔で投与するため利便性が高い」と強調。NMOSD治療において抗体医薬の選択肢が広がる中で、各薬剤の特徴を踏まえ、患者のライフスタイルや妊娠・出産の希望の有無などによって薬剤の使い分けが進む、との見解を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  視神経脊髄炎の再発予防薬の選択肢が拡大

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD532468 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外