メニューを開く 検索を開く ログイン

視神経脊髄炎の再発予防薬の選択肢が拡大

2剤目の抗体医薬サトラリズマブが発売

 2020年10月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 自己免疫疾患の1つで、主に脳や脊髄、視神経に炎症が起こる視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)。今年(2020年)8月26日にNMOSDに対する抗体医薬サトラリズマブ(商品名エンスプリング)が発売された。福島県立医科大学多発性硬化症治療学講座教授の藤原一男氏は、9月14日に開かれた発売記念説明会(主催:中外製薬)で講演し、「再発抑制効果や安全面で優れており、4週間隔で投与するため利便性が高い」と強調。NMOSD治療において抗体医薬の選択肢が広がる中で、各薬剤の特徴を踏まえ、患者のライフスタイルや妊娠・出産の希望の有無などによって薬剤の使い分けが進む、との見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  視神経脊髄炎の再発予防薬の選択肢が拡大

error in template: found but mtif was expected