メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

新規イムノモジュレーターHBI-8000が進行ATLLに対し承認申請

 2020年10月09日 11:12
プッシュ通知を受取る

 Meiji Seika ファルマ社はがん治療薬「HBI-8000」について、提携先である米・HUYABIO者の子会社Huya Japan社が9月30日、日本において再発・難治の成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)を適応症として承認申請したと発表した。

 HBI-8000は経口投与可能でエピジェネティックな作用を有するイムノモジュレーター。非臨床試験結果から遺伝子発現の制御を介して腫瘍細胞の増殖を抑制することが示唆され、免疫調節作用も期待されている。今回の承認申請は再発・難治ATLL患者を対象に国内で実施された第Ⅱ相試験の成績に基づく。なお、同薬は再発・難治の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)についても日本・韓国で第Ⅱ相試験を実施であるという。

 同薬は厚生労働省より再発・難治ATLLおよびPTCLの治療に係る希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)の指定を受けており、米国では、固形がんを対象とした第Ⅰ/Ⅱ相試験が実施中である。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  新規イムノモジュレーターHBI-8000が進行ATLLに対し承認申請

error in template: found but mtif was expected