メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

AIホスピタルが築く先進医療(前編)

コロナ禍で医療のデジタル化、AI化が急務であることが顕在化

 2020年10月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな「Society 5.0」の創生を目的とした戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の下、「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム(以下、AIホスピタル事業)」が推進されている。がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長で同事業のプログラムディレクターである中村祐輔氏は、第79回日本癌学会(2020年10月1~3日、ウェブ併催)でその概略について解説した(関連記事「AIホスピタルが築く先進医療(後編)」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  AIホスピタルが築く先進医療(前編)

error in template: found but mtif was expected