メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

AIホスピタルが築く先進医療(前編)

コロナ禍で医療のデジタル化、AI化が急務であることが顕在化

2020年10月10日 05:00

19名の医師が参考になったと回答 

 狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな「Society 5.0」の創生を目的とした戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の下、「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム(以下、AIホスピタル事業)」が推進されている。がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長で同事業のプログラムディレクターである中村祐輔氏は、第79回日本癌学会(2020年10月1~3日、ウェブ併催)でその概略について解説した(関連記事「AIホスピタルが築く先進医療(後編)」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  AIホスピタルが築く先進医療(前編)