メニューを開く 検索
Oncology Tribune

AIホスピタルが築く先進医療(後編)

心が通い合う医療をAIにより構築

2020年10月10日 05:05

8名の医師が参考になったと回答 

 超高齢社会における医療の質の確保、医療費増加の抑制、医療分野における国際的競争力の向上、医療従事者の負担軽減を目指し、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の下、「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム(以下、AIホスピタル事業)」が推進されている。がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長で同事業のプログラムディレクターである中村祐輔氏は、第79回日本癌学会(2020年10月1~3日、ウェブ併催)で、その概略について解説した(関連記事「AIホスピタルが築く先進医療(前編)」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  AIホスピタルが築く先進医療(後編)