メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性骨盤痛にガバペンチンは効果なし

英・RCT

 2020年10月12日 17:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 慢性骨盤痛の女性患者を対象に、慢性疼痛に対して広く使用されているガバペンチンの安全性と有効性を検討した英国の多施設共同プラセボ対照ランダム化比較試験GaPP2の結果が明らかになった。同試験では、女性の慢性骨盤痛に対するガバペンチンの有効性に両群で有意差は認められず、副作用の発生率はガバペンチン群で高いことが示された。英・University of EdinburghのAndrew W. Horne氏らがLancet2020; 396: 909-917)に結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  慢性骨盤痛にガバペンチンは効果なし

error in template: found but mtif was expected