メニューを開く 検索を開く ログイン

早期外科治療が下腿潰瘍の転帰を改善

静脈内アブレーション、早期介入vs. 待機的介入

 2020年10月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 静脈性下腿潰瘍に対して行われる主な治療は圧迫包帯、弾性ストッキングなどの装着で、早期の外科治療は英国の現行ガイドライン(GL)では推奨されていない。英・Cambridge University Hospitals NHS Foundation TrustのManjit S. Gohel氏らは、静脈性下腿潰瘍450例を5年にわたり追跡した結果、早期静脈内アブレーションを行う早期介入群は待機的介入群と比べて再発リスクが低く、費用面でも便益が得られることを明らかにした。同氏らは、早期アブレーションによって英国保健サービス(NHS)の支出を年間約1億ポンド(約140億円)削減できることを示唆し、GLの見直しを呼びかけている。詳細はJAMA Surgery (2020年9月23日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  早期外科治療が下腿潰瘍の転帰を改善

error in template: found but mtif was expected