メニューを開く 検索を開く ログイン

心不全入院回数減に有用なアプローチとは

 2020年10月12日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 人口に占める65歳以上の割合が28.7%に達し、80歳以上の人口も1,000万人を超える超高齢社会を迎えた日本において、高齢心不全患者の予後改善に有効なアプローチは何か。三菱京都病院心臓内科/京都大学循環器内科客員研究員の夜久英憲氏は、第84回日本循環器学会(7月27日~8月2日、ウェブ開催)で心不全による入院回数を1回でも減らすことの重要性を論じるとともに、「高齢の左室駆出率(LVEF)が維持された心不全(HFpEF)患者に対しては、ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)が予後改善に有効である可能性がある」との見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  心不全入院回数減に有用なアプローチとは

error in template: found but mtif was expected