メニューを開く 検索 ログイン

心不全入院回数減に有用なアプローチとは

2020年10月12日 05:10

7名の医師が参考になったと回答 

 人口に占める65歳以上の割合が28.7%に達し、80歳以上の人口も1,000万人を超える超高齢社会を迎えた日本において、高齢心不全患者の予後改善に有効なアプローチは何か。三菱京都病院心臓内科/京都大学循環器内科客員研究員の夜久英憲氏は、第84回日本循環器学会(7月27日~8月2日、ウェブ開催)で心不全による入院回数を1回でも減らすことの重要性を論じるとともに、「高齢の左室駆出率(LVEF)が維持された心不全(HFpEF)患者に対しては、ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)が予後改善に有効である可能性がある」との見解を示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  心不全入院回数減に有用なアプローチとは