メニューを開く 検索を開く ログイン

HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下

初めて集団レベルで確認

 2020年10月12日 18:15
プッシュ通知を受取る

204名の先生が役に立ったと考えています。

 4価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種による浸潤子宮頸がんリスクの低下を集団レベルで示した初の研究結果が明らかになった。この研究はスウェーデン・Karolinska Institutet(KI)のJiayao Lei氏らが同国の住民登録データなどを用いて実施したもの。4価HPVワクチンを接種した女性では、接種歴のない女性と比べて調整後の子宮頸がん発症リスクが63%低く、特に17歳未満で接種した女性では88%ものリスク低下が示された。詳細はN Engl J Med(2020; 383: 1340-1348)に発表された。(関連記事「HPVワクチンで劇的効果、学会がコメント」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下

error in template: found but mtif was expected