メニューを開く 検索を開く ログイン

水疣治療、民間療法の"毒薬"を安全に塗布

2件の第Ⅲ相RCTで検討

 2020年10月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

 水疣(伝染性軟属腫:MC)は小児に多いウイルス性皮膚感染症である。米・University of California, San DiegoのLawrence F. Eichenfield氏らは、小児および成人のMC患者において、専用の使い捨てアプリケーターによるカンタリジン溶液塗布の有効性と安全性をビヒクル塗布と比較する第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)を実施。この方法での薬剤塗布がMC病変消失に有効かつ安全であることをJAMA Dermatol(2020年9月23日オンライン版)に報告した。カンタリジンは毒性が強いが、民間では古くから疣贅除去や発毛の用途、さらには媚薬として使われてきた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  水疣治療、民間療法の"毒薬"を安全に塗布

error in template: found but mtif was expected