メニューを開く 検索を開く ログイン

NEJMがトランプ政権を痛烈に批判

 2020年10月13日 11:44
プッシュ通知を受取る

69名の先生が役に立ったと考えています。

 米国大統領選挙を来月(2020年11月)に控える中、医学誌『New England Journal of Medicine』(NEJM)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する現政権の対応を批判する異例ともいえるエディトリアルを掲載した(N Engl J Med 10月8日オンライン版)。「Dying in a Leadership Vacuum」と題した文章の中で、NEJMは「十分な警告があったにもかかわらず、米国はほぼ全てのステップで対応に失敗した」と指摘。「専門家の意見を無視し、侮蔑する指導者らによって世界をリードする米疾病対策センター(CDC)は実効性を失い、真実を覆い隠し公然と嘘を流布する"オピニオンリーダー"や"知ったかぶり"が影響力を強めている」と痛烈に批判している。なお、NEJMが政権を批判するエディトリアルを掲載するのは、1812年の創刊以来初のことだという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  健康・公衆衛生 »  NEJMがトランプ政権を痛烈に批判

error in template: found but mtif was expected