メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ペムブロリズマブ、HR陰性かつHER2陰性の手術不能/再発乳がんの適応追加申請

第Ⅲ相試験KEYNOTE-355の結果に基づく

 2020年10月13日 11:21
プッシュ通知を受取る

 MSDは10月12日、抗PD-1抗体ペムブロリズマブについて、ホルモン受容体陰性かつHER2陰性の手術不能または再発乳がんに対する効能・効果について承認申請を行ったと発表した。

 ホルモン受容体の発現やHER2過剰発現を伴わない乳がんサブタイプであるトリプルネガティブ乳がん(TNBC)は乳がん全体の約15%を占め、50歳未満の女性に多く、他のタイプの乳がんに比べて増殖能が高く生存期間も短いとされる。

 今回の申請は前治療歴のない手術不能または再発TNBC患者を対象としたランダム化第Ⅲ相試験KEYNOTE-355のデータに基づく(関連記事「ペムブロ+ChemoがPD-L1陽性未治療TNBCで奏効」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ペムブロリズマブ、HR陰性かつHER2陰性の手術不能/再発乳がんの適応追加申請

error in template: found but mtif was expected