メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢者の片脚起立測定、満点でも安心は禁物

 2020年10月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため自粛生活が続き、高齢者のロコモティブシンドローム(ロコモ)進行による要介護や寝たきりのリスクが懸念されている。浜松医科大学健康社会医学講座の柴田陽介氏らは、高齢者の体力測定で行われる片脚起立の左右差とロコモの関連を検討。その結果、片脚起立の測定結果が良好でも左右差がある場合、ロコモ陽性リスクが高いことが明らかになったと『運動疫学研究』に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  高齢者の片脚起立測定、満点でも安心は禁物

error in template: found but mtif was expected