メニューを開く 検索を開く ログイン

RAS阻害薬でインフル・肺炎死リスク低下

デンマーク・入院患者56万例超の解析

 2020年10月14日 05:05
プッシュ通知を受取る

48名の先生が役に立ったと考えています。

 インフルエンザや肺炎による入院患者においてACE阻害薬(ACE-I)またはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)などのレニン・アンジオテンシン系(RAS)阻害薬の服用は、カルシウム(Ca)拮抗薬服用やACE-I/ARB非服用に比べて集中治療室(ICU)入室リスクを上昇させず、30日以内の死亡リスクをやや低下させた。デンマーク・Aarhus University HospitalのChristian F. Christiansen氏らは、2005~18年に同国でインフルエンザまたは肺炎により入院した56万超例を対象としたコホート研究の結果をJ Am Heart Assoc2020; 9: e017297)に発表した(関連記事「降圧薬でCOVID-19患者の死亡リスク3割減」「RAS阻害薬がコロナ重症化を抑制か」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  RAS阻害薬でインフル・肺炎死リスク低下

error in template: found but mtif was expected