メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

未治療尿路上皮がんにペムブロ上乗せ効果なし

第Ⅲ相試験KEYNOTE-361

2020年10月14日 14:52

 進行性尿路上皮がんの一次治療はプラチナ製剤ベースの化学療法が標準療法であり、免疫チェックポイント阻害薬の投与は、わが国では二次治療における抗PD-1抗体ペムブロリズマブの投与が認められている。非盲検の第Ⅲ相ランダム化比較試験KEYNOTE-361では、進行性尿路上皮がんに対する一次治療として化学療法単独とペムブロリズマブ+化学療法併用を比較。ペムブロリズマブの上乗せ効果は認められなかったことを、米・University of Michigan Health SystemのAjjai Alva氏らが欧州臨床腫瘍学会(ESMO Virtual Congress 2020、9月19~21日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  未治療尿路上皮がんにペムブロ上乗せ効果なし