メニューを開く 検索を開く ログイン

グラセプターとプログラフの取り違えに注意

血中濃度が変動した事例を報告

 2020年10月14日 17:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 処方や調剤時の確認不足により、免疫抑制薬の徐放製剤グラセプター カプセル(一般名:タクロリムス)を誤って同一成分の徐放製剤ではない普通製剤のプログラフ カプセルに変更して処方された事例が複数報告されているとして、両製剤の販売元のアステラス製薬が10月6日、同社の公式サイト上で医療従事者に対し注意喚起を行った。意図しない切り替えにより、タクロリムスの血中濃度が変動した事例が見られたことから、販売名、効能・効果、用法、薬歴などを確認してから処方または調剤し、取り違えを防止するよう求めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  安全性情報 »  グラセプターとプログラフの取り違えに注意

error in template: found but mtif was expected