メニューを開く 検索 ログイン

グラセプターとプログラフの取り違えに注意

血中濃度が変動した事例を報告

2020年10月14日 17:20

1名の医師が参考になったと回答 

 処方や調剤時の確認不足により、免疫抑制薬の徐放製剤グラセプター カプセル(一般名:タクロリムス)を誤って同一成分の徐放製剤ではない普通製剤のプログラフ カプセルに変更して処方された事例が複数報告されているとして、両製剤の販売元のアステラス製薬が10月6日、同社の公式サイト上で医療従事者に対し注意喚起を行った。意図しない切り替えにより、タクロリムスの血中濃度が変動した事例が見られたことから、販売名、効能・効果、用法、薬歴などを確認してから処方または調剤し、取り違えを防止するよう求めている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  安全性情報 »  グラセプターとプログラフの取り違えに注意

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD532936 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外