メニューを開く 検索を開く ログイン

どう使う?鼻腔検体でのコロナ検査が可能に

厚労省がCOVID-19検査の指針を公開

 2020年10月15日 14:18
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策推進本部は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を作成し、10月2日に公表した。指針では、鼻咽頭ぬぐい液や唾液に加えて、鼻腔拭い液をポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査や抗原定量検査、抗原定性検査の検体として用いることを認め、検査を選択する際の考え方を示した。鼻腔拭い液を使用する検査は、被検者自身が検体を採取でき、短時間で判定結果が分かるという実用性と医療者の感染予防などの点から有用な検査として期待されている。(関連記事「鼻腔検体を用いた新型コロナ検査薬が発売」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  どう使う?鼻腔検体でのコロナ検査が可能に

error in template: found but mtif was expected