メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

アラガンクライシスから1年以上...現状は?

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会前理事長の朝戸氏が緊急報告

 2020年10月15日 16:58
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2019年)、乳房再建術関係者に激震が走った「アラガンクライシス」。わが国で唯一保険適用されていた乳房再建用インプラント(以下、乳房インプラント)および乳房再建用エキスパンダー(皮膚拡張器)のアラガン社製品が、乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(Breast Implant Associated-Anaplastic Large Cell Lymphoma;BIA-ALCL)の発症リスクがあるとの米食品医薬局(FDA)の情報により、日本を含む各国で自主回収、販売停止の措置が取られた。その後1年以上が経過した今月(2020年10月)1日、国内ではアラガン社以外の製品としては初となるシエントラ社のインプラントが保険適用された。日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会前理事長で獨協医科大学形成外科教授の朝戸裕貴氏が、これまでの経緯について第8回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(10月2~3日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  アラガンクライシスから1年以上...現状は?

error in template: found but mtif was expected