メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ、抗HIV配合剤で転帰改善せず

英・RECOVERY試験

 2020年10月16日 05:06
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 英国の176病院が参加する非盲検ランダム化比較試験(RCT)RECOVERY※1では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の入院患者を対象に複数の既存薬の有効性を検証している。英・University of OxfordのPeter W. Horby氏らは、同試験で5,000例超を対象に標準的治療へのロピナビル(LPV)/リトナビル(RTV)配合剤(400mg・100mg)1日2回投与による上乗せ効果を検討した結果、28日以内の全死亡率低下、または入院時に人工呼吸器が装着されていなかった患者の重症化抑制は確認されなかったとLancet2020年10月5日オンライン版)に報告した(関連記事「ALT/AST上昇でコロナ予後不良の可能性」「WHO、新型コロナ入院患者への治験中止」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ、抗HIV配合剤で転帰改善せず

error in template: found but mtif was expected