メニューを開く 検索を開く ログイン

心筋アブレーションで認知症リスク低下

韓国83万例のデータを解析

 2020年10月16日 14:50
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ※画像はイメージです

 心房細動が認知機能障害や認知症の発症に関連する可能性が複数の研究で指摘されている。韓国・Yonsei University College of MedicineのBoyoung Joung氏らの研究グループは昨年(2019年)、脳卒中を発症していなくても心房細動があると認知症リスクが増加することを報告した(Eur Heart J 2019; 40: 2313-2323)。今回、同研究グループはカテーテルアブレーション治療が成功し洞調律が維持できるようになった心房細動患者では認知症リスクも低下することを明らかにし、Eur Heart J2020年10月6日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  心筋アブレーションで認知症リスク低下

error in template: found but mtif was expected