メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ペムブロリズマブが難治古典的ホジキンリンパ腫へ米適応拡大承認

Oncology Tribune

ペムブロリズマブが難治古典的ホジキンリンパ腫へ米適応拡大承認

2020年10月16日 15:19

3名の医師が参考になったと回答 

 米食品医薬局(FDA)は10月14日、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブについて、再発または治療抵抗性の古典的ホジキンリンパ腫の成人患者、および2ライン以上の前治療歴がある再発性古典的ホジキンリンパ腫の小児患者適応に拡大承認したと発表した。

■米・FDAのリリースはこちら

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ペムブロリズマブが難治古典的ホジキンリンパ腫へ米適応拡大承認