メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

長期的な観察研究でのエビデンス構築が急務

糖尿病と心不全の相関関係から考える

 2020年10月19日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

「心不全パンデミック」という言葉があるほど患者数が急増している心不全。5年生存率は25%と、がんに匹敵するほど予後不良な疾患である。中でも左室拡張障害が病態の前面に出た「左室駆出率(LVEF)が保たれた心不全」(Heart Failure with Preserved Ejection Fraction;HFpEF)は、ここ数年で増加傾向にある。阪和第二泉北病院(堺市)院長の北風政史氏は、糖尿病と心不全の関係、臨床研究の在り方と成果について、第54回糖尿病学の進歩(9月2日~23日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  長期的な観察研究でのエビデンス構築が急務