メニューを開く 検索を開く ログイン

食物蛋白誘発性胃腸炎は卵黄が原因

 2020年10月19日 05:05
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 国立成育医療研究センター免疫アレルギー・感染研究室室長の森田英明氏らは、食物蛋白誘発性胃腸炎(N-FPIES)の臨床的特徴を明らかにするため、多施設共同後ろ向き研究を行い、「一般的な卵アレルギーでは卵白が原因となることが多いが、N-FPIESでは卵黄摂取で症状が引き起こされることが分かった」とJ Allergy Clin Immunol Pract(2020年10月13日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  食物蛋白誘発性胃腸炎は卵黄が原因