メニューを開く 検索を開く ログイン

ギラン・バレー症候群の予後を高精度に予測

従来のツールと組み合わせて使用

 2020年10月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 近畿大学名誉教授の楠進氏らが、ギラン・バレー症候群(GBS)の予後予測に用いる新たなマーカーを発見したことを報告した。同氏らによると、新マーカーと既存の予後予測ツールを組み合わせれば、GBSの患者が半年後に歩行できるかどうかを高い確率で予測できるという。詳細は、J Neurol Neurosurg Psychiatry2020年10月12日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー症候群の予後を高精度に予測