メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

世界初、原発不明がんの治療法をNGSで選定

2020年10月21日 05:00

8名の医師が参考になったと回答 

 がん患者にとって最も効果が高く、副作用は少ない抗がん薬を迅速に選出することが期待される遺伝子解析装置「次世代シークエンサー(Next Generation Sequencing;NGS)」。近畿大学内科学教室腫瘍内科部門講師の林秀敏氏らは、治療開発が難航している原発不明がん患者を対象にNGSを用いた原発巣推定および治療法の有効性を確認する第Ⅱ相臨床試験を実施。NGSの有効性を示すことに世界で初めて成功した。詳細はJAMA Oncology 2020年10月15日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  世界初、原発不明がんの治療法をNGSで選定

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533049 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外