メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

Oncology Tribune

copanlisib+リツキシマブで再発低悪性度非ホジキンリンパ腫のPFSを延長

 2020年10月21日 19:35
プッシュ通知を受取る

 バイエルは10月14日、濾胞性リンパ腫、辺縁帯リンパ腫、小リンパ球性リンパ腫、およびリンパ形質細胞性リンパ腫/ワルデンシュトレームマクログロブリン血症を含む再発低悪性度非ホジキンリンパ腫患者を対象にPI3K阻害薬copanlisib+リツキシマブ併用療法を評価した第Ⅲ相試験CHRONOS-3において、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の有意な延長を達成したことを発表した。

 ■バイエル社のプレスリリースはこちら

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  copanlisib+リツキシマブで再発低悪性度非ホジキンリンパ腫のPFSを延長