メニューを開く 検索を開く ログイン

実臨床で糞便移植の有効性を確認

米登録研究、初の解析結果

 2020年10月22日 17:10
プッシュ通知を受取る

54名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ※画像はイメージです

 再発性Clostridioides difficileC. difficile)感染症(CDI)患者に対する糞便微生物叢移植(FMT)施行1カ月後の治癒率は90%に達し、安全性プロファイルも良好であった。米国消化器病学会(AGA)が主導するFMT登録研究AGA FMT National Registryの初期解析結果を、主任研究者の1人で米・Warren Alpert Medical School of Brown UniversityのColleen R. Kelly氏らがGastroenterology2020年10月1日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  実臨床で糞便移植の有効性を確認