メニューを開く 検索を開く ログイン

「側弯症の疑い」が8割、毎年増加

小~高校生への受診勧告理由

 2020年10月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 緑生会あらい整形外科(千葉県)院長の新井貞男氏らは、日本臨床整形外科学会(JCOA)が小・中・高校生を対象にした昨年度(2019年度)運動器検診受診後に行ったアンケートの結果を第33回同学会(9月16日~10月23日、ウェブ開催)で報告。「受診勧告理由として『側弯症の疑い』によるものが8割を占め、毎年増加傾向にある」と述べた。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  「側弯症の疑い」が8割、毎年増加