メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  「側弯症の疑い」が8割、毎年増加

「側弯症の疑い」が8割、毎年増加

小~高校生への受診勧告理由

2020年10月22日 05:00

12名の医師が参考になったと回答 

 緑生会あらい整形外科(千葉県)院長の新井貞男氏らは、日本臨床整形外科学会(JCOA)が小・中・高校生を対象にした昨年度(2019年度)運動器検診受診後に行ったアンケートの結果を第33回同学会(9月16日~10月23日、ウェブ開催)で報告。「受診勧告理由として『側弯症の疑い』によるものが8割を占め、毎年増加傾向にある」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  「側弯症の疑い」が8割、毎年増加