メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

肝がん免疫療法後のレンバチニブでOS延長

2020年10月22日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

 レンバチニブは肝細胞がんの一次治療薬だが、免疫チェックポイント阻害薬投与後の二次治療においても有用であり、全生存期間(OS)を約2倍に延長することが世界で初めて示された。近畿大学内科学教室消化器内科部門主任教授の工藤正俊氏らがCancers2020年10月20日オンライン版)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  肝がん免疫療法後のレンバチニブでOS延長

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで