メニューを開く 検索
Oncology Tribune

難治乳がんに著効のsacituzumab govitecan、日本での開発戦略は?

2020年10月22日 14:50

27名の医師が参考になったと回答 

 今年(2020年)の欧州臨床腫瘍学会(ESMO Virtual Congress 2020)では、難治性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者に対する抗体薬物複合体(ADC)sacituzumab govitecanの高い効果を示した第Ⅲ相ランダム化比較試験ASCENTの結果が報告され、注目を集めた(関連記事「新規抗体薬物複合体が進行TNBCのPFS、OSをともに改善」)。同試験の結果を踏まえ、国立国際医療研究センター乳腺・腫瘍内科の下村昭彦氏は第28回日本乳癌学会(2020年10月9~31日、ウェブ開催)において、ADCの特徴や開発状況などを概説した上で、「率直な感想としては(sacituzumab govitecanは)劇的に効いた」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  難治乳がんに著効のsacituzumab govitecan、日本での開発戦略は?